事 業 紹 介

コールケミカル事業


  • Coal Tar Chemicals

炭素材

コールタールから得られる石炭系炭素材は、各種電極用素材をはじめ、半導体産業から自動車・航空宇宙産業など、幅広い分野で利用されています。 また、コールタールの軽質留分から得られるナフタリン類や無水フタル酸も主力商品のひとつです。

炭素材 詳細ページ
工業用ガス

製鉄プロセスから潤沢に得られるCOG(コークス炉ガス)、LDG(転炉ガス)、BFG(高炉ガス)など鉄鋼副生ガスの有効利用と、 製鉄用の酸素・窒素・アルゴン・水素・炭酸ガスの供給を基盤として事業を展開しています。

工業用ガス 詳細ページ
コールケミカル事業

化学品事業


  • Chemicals

化学品
基礎化学品

ベンゼン、トルエン、キシレンをはじめ、スチレンモノマーやジビニルベンゼン類、農薬原料、特殊溶剤など、私たちの製造・販売する製品は、独自の製造プロセスと他社にない原料構成によって、安定的でかつ優れたコストパフォーマンスを誇っています。

基礎化学品 詳細ページ
フェノール

ビスフェノールAの販売を、国内の大手ポリカーボネート樹脂メーカー向けを中心に、難燃剤等さまざまな用途へ展開しています。また、アジア地域に近い立地を活かし、関連会社の國都化学(株)や中国を中心としたアジアマーケット向けに輸出しています。

フェノール 詳細ページ
潤滑材

蓄積された豊富な技術をベースに、さまざまな用途や使用環境に対応する潤滑油・グリース「シンルーブ®」シリーズを販売しています。
また、潤滑管理に関するノウハウを蓄積したトライボセンターでは、安定操業や設備の寿命延長に寄与するためのコンサルテーションを行うなど、各種産業界の省資源化・省エネ化に大きく貢献しています。

潤滑材 詳細ページ

機能材料事業


  • Functional Materials

回路基板材料

フレキシブルプリント基板用無接着剤銅張積層板(二層CCL)「エスパネックス」は、独自技術により開発した、低膨張ポリイミドによる無接着剤化を実現したものです。スマートフォンやタブレットPCなどの回路基板をはじめ、LCDの駆動回路基板など、高い信頼性が求められる分野において、必須の材料として評価を得ています。

回路基板材料 詳細ページ
機能樹脂材料

多彩な用途に使用される合成樹脂は、私たちの暮らしに欠くことのできない素材のひとつです。東洋スチレン(株)において事業を進めているポリスチレンをはじめ、独自の加工技術を生かしたABS樹脂など、特色ある商品ラインナップで、お客様のニーズにお応えしています。

機能樹脂材料 詳細ページ
ディスプレイ材料

液晶ディスプレイ(LCD)の分野におけるカラーフィルター用の透明保護膜やブラックマトリクス用のレジスト材料は、タール中の成分から誘導した独自の化合物をベースに開発したカルド(ちょうつがい)樹脂を用いた当社独自の製品です。長年培ったレジスト技術を基にした当社のレジスト材料は業界で高い評価を得ており、大型液晶テレビ、スマートフォン、車載といった幅広いLCDの用途において、ディスプレイの高機能化に貢献しています。

ディスプレイ材料 詳細ページ
有機EL材料

次世代の表示材料として注目されている有機EL材料の事業化にも早くから取り組んでまいりました。 独自に開発した昇華精製技術、不純物除去技術など、世界に先駆けて高純度かつ高特性な製品を、安定的にかつ大量に製造できる設備・技術の開発によって、業界のトップランナーとして高い評価を得ており、国内外での採用実績を着実に増やしています。

有機EL材料 詳細ページ
機能材料事業

金属箔事業


  • Stainless Steel Foil

金属箔

1988年の事業開始、翌年のハードディスクドライブ用サスペンションへの採用以来、金属箔事業部では新日鐵住金グループで開発・製造された各種ステンレスをはじめ鉄系素材を世界最高水準の極薄箔として提供しています。製造拠点を山口県光市に構え、隣接する新日鐵住金ステンレス(株)と生産連携を行うなど、グループ企業間で上工程から一貫した品質・工程管理を実現しています。

金属箔 詳細ページ

メタル担体事業


  • Metal Substrates for Catalytic Converter

1992年に、素材から最終製品まで一貫生産できる世界で唯一のメタル担体製造メーカーとして事業化してから、2輪車や4輪車、汎用エンジン向け内燃機関の排気ガス浄化用メタル担体を提供しています。特に、排ガス規制強化にともなって需要拡大が見込まれる中国・インドネシア・インドに製造拠点を持ち、グローバル展開を加速しています。また車載用途以外にも、工業プラントやガスタ―ビン向けの触媒基材や熱交換器用途向け等、幅広い分野にも製品を提供しています。

メタル担体 詳細ページ
メタル担体

球状微粒子事業


  • Silica/Alumina Spherical Particle

シリカ・アルミナ球状微粒子
シリカ・アルミナ球状微粒子

世界で初めて、溶射法による真球状のセラミックス微粒子の製造に成功し、1985年より現在まで世界中のお客様に提供を行っています。高純度で充填性、流動性に優れたわれわれの球状微粒子は、主に半導体の封止材フィラーや放熱部材に用いられ、さまざまな電子製品を守っています。
また他にも各種塗料、注型材、敷粉、ブラスト材など多様な用途に用いられています。サブミクロンから百ミクロンまで、お客様のニーズに応じた平均粒径の製品が提供可能です。
【製造拠点】
・姫路工場
・マレーシア:Harimic(Malaysia)Sdn.Bhd.

シリカ・アルミナ球状微粒子 詳細ページ

ボンディング
ワイヤ事業


  • Bonding Wire

当製品は、子会社の日鉄マイクロメタル(株)で製造しております。同社は、1987年新日本製鐵(株)(現、新日鐵住金(株))と松田産業(株)の合弁により設立されました。現在は、国内の開発・マザー工場のほかに、海外にも進出しており、フィリピン・中国に生産工場、マレーシアに販売会社を展開しております。半導体接続材料メーカーとして創業以来、市場のニーズに即応した高品質のボンディングワイヤおよびマイクロソルダーボール等を提供して参りました。また、お客様のご要望に沿った営業、技術開発、生産、品質保証活動により高い信頼をいただいております。今後も、新日鐵住金グループの技術開発力を背景に、半導体実装に関するソリューション・プロバイダーを目指して参ります。

ボンディングワイヤ 詳細ページ
ボンディングワイヤ

マイクロソルダー
ボール事業


  • Micro Solder Ball

マイクロソルダーボール

当製品は、子会社の日鉄マイクロメタル(株)で製造しております。同社詳細は、ボンディングワイヤ事業のご紹介をご覧ください。お客様のご要望に沿った営業、技術開発、生産、品質保証活動により高い信頼をいただいております。今後も、新日鐵住金グループの技術開発力を背景に、半導体実装に関するソリューション・プロバイダーを目指して参ります。

マイクロソルダーボール 詳細ページ

HIP加工品事業


  • HIP Processed Materials

1987年、大型の高温高圧型熱間等方加圧(HIP)装置を設置して以来、目的に応じた新しい材料を開発するとともに粉末焼結・拡散接合技術を駆使した独創的な高機能部品の開発・製造を通して、製鉄分野から半導体分野まで幅広い産業分野にイノベーションを起こして参りました。これまでの長年の経験と実績に裏付けされたノウハウにより、お客様のニーズにお応えして参ります。

HIP加工品 詳細ページ
HIP加工品事業

CMPパッドコンディショナー事業


  • CMP Pad Conditioner

CMPパッドコンディショナー

ろう付け技術を適用して、ダイヤモンドを強固に接合したCMPパッドコンディショナーを開発し、1999年に事業化しました。従来のニッケル電着パッドコンディショナーに比べ、格段に強固な接合を実現し、ダイヤモンド砥粒脱落の完全防止を実現しました。また、ろう付け技術を用いた、粒径20μm程度の微小ダイヤモンドドレッサーを開発し、ドレッサーおよびパッドの長寿命化、半導体ウエハの低スクラッチ化を実現しました。

CMPパッドコンディショナー 詳細ページ

エポキシ事業


  • Epoxy Resin

エポキシ樹脂

エポキシ樹脂は、優れた接着性・耐薬品性・耐熱性及び電気絶縁性に富んだ硬化物が得られる高機能性樹脂です。この特性を利用して、塗料・電子電気・接着・建築・土木・複合材料などの様々な分野で広く使用されています。

エポキシ樹脂 詳細ページ
エポキシ樹

炭素繊維複合材事業


  • Carbon Fiber Composite

炭素繊維複合材

コンポジット事業部は、1999年1月に日鉄コンポジット(株)として設立され、2010年7月に当時の新日鉄マテリアルズ(株)と統合合併しました。設立以来、炭素繊維等、高機能繊維の特長を活かした、土木・建築分野における補修補強用資材・工法等、並びに一般産業分野における各種複合材料の製造・開発に挑戦し続けております。新たな商品ラインナップとして、市場にてニーズが高まる熱可塑性材料(NS-TEPreg®)を加え、今後も、ますます多様化していくお客様のニーズに応じて参ります。

建設資材炭素繊維等複合材 詳細ページ
炭素繊維複合材料 詳細ページ

ピッチ系炭素
繊維事業


  • Pitch-based Carbon Fiber

日本グラファイトファイバー(株)は、1995年4月に新日本製鐵(株)(現、新日鐵住金(株))と日本石油(株)(現、JXTGエネルギー(株))のJVで設立されました。以来、20年以上に亘り、軽量高強度の炭素繊維(中でも弾性率や熱伝導率に優れたピッチ系炭素繊維)を姫路で製造し世界に販売しています。ゴルフ・釣竿・自転車を初めとするスポーツ用具から、産業部材、電子部材、人工衛星に至るまで幅広い分野のお客様に提供しています。今後も、ピッチ系炭素繊維の優れた特性を活かした革新的で高品質なオンリ-ワン商品を世界へ提供しつづけて参ります。

ピッチ系炭素繊維 詳細ページ
ピッチ系炭素繊維

ページトップへのボタン