よくある質問
Q自由応募、学校(教授)推薦の区別はありますか?

Aそれぞれに枠を設けておらず、あくまで面接を重視していますので合否判定の有利不利はありません。ですが、推薦応募の場合選考スピードが、自由応募に比べ速くなります。(推薦応募者を優先的に選考していきます。)
Q化学などの専門知識が無くても大丈夫ですか?

A大丈夫です。事務系職種(営業、事業・経営企画、経理、総務、人事など)に従事している社員の多くは文系出身です。入社後は自身の勉強だけでなく、周りのサポートがしっかりありますので心配はいりません。技術系職種でも、機械・電気、土木などの知識を必要とする仕事もあります。
Q面接で重視していることは何ですか?

A当社は面接において一人ひとりの受験者にできるだけ多くの時間を割こうと考えています。それは「面接」を会社側が一方的に受験者を評価する場ではなく、皆さんができるだけ当社を深く知るための場にもしたいと考えているためです。
面接では
 ・ 自分の誇れる点はどんな点か?
 ・ 学生時代にどんな事に自分の力を注いできたのか?
 ・ 会社に入ったらどんな事をやってみたいのか?
などを自分の言葉でしっかり伝えられるかどうか、また社会を生き抜くバイタリティーや情熱を持ち合わせているかなどを重視します。
面接にお越しになるときは、このホームページだけではわからない点についていろいろご質問いただきたいと思っています。
Q勤務地はどこになるのでしょうか?

A全国各地に拠点があり、新卒採用による総合職は、どこへでも転勤の可能性があります。配属先が自宅から通えない場所になることもありますが、寮・社宅制度などありますので、ご安心ください。
Q最初の配属はどのようにして決まるのでしょうか?
  希望は聞いてもらえるのでしょうか?

A配属は、本人の適性と希望、各部門の要人員バランスなどを総合的に考慮して決定されます。本人の希望を聞く機会としては、導入研修中に配属に関する希望を聞く、配属面談という場があります。すべての希望に応えることは困難ですが、人事部門では常に、社員が意欲を持って仕事に臨み、能力を最大限に発揮できるような配置を検討しています。
Q異動希望などを伝えることはできますか?

A年に複数回上司と部下が面談をする仕組みがあり、その内容は人事部でも確認しています。希望が全て通るわけではありませんが、自分の目標や希望を伝えやすい仕組みです。
Q文系出身者が配属されるのはどういう部門になりますか?

A事務系職種への配属になります。つまり、営業、事業・経営企画、経理、総務、人事などの仕事になります。経理、総務、人事などの仕事は、本社だけでなく製造所(工場)にもあります。
Q機械・電気系出身者が活躍する場はどのような職場でしょうか?

A活躍できる場所はたくさんあります。生産や分析のための色々な設備・機械、それらを制御するシステムもあります。新製品開発のために新設備を導入する、生産効率を高めるためにプロセスの見直し・設備の改造、安定的な生産のために機械のメンテナンスも必要です。プロセス・機械エンジニア、生産技術検討、新規設備導入、工場管理など、実は機械・電気系の知識を必要とする職場はいっぱいあるのです。
Q異動はどのくらいの頻度であるのでしょうか?

A異動の頻度については事業の動向、所属部門の特性、異動対象者の事情などにより、バラつきがあります。入社10年の間に複数回の異動を経験していただきます。近年の傾向としては3~5年に1回程度です。
Q海外勤務をする機会はありますか?

A当社は最適な事業形態を目指して、日本国内をはじめ、アジア地域などに多数のグループ会社を保有しています。近い将来、そうした海外拠点で事業に従事してもらう可能性も十分にあります。
Q入社後の研修について教えて下さい。

A「入社後、導入研修として、約1ヶ月間の集合研修を行います」
例年、事業全般についてのガイダンスや工場・研究所の見学、合宿研修、英語研修などを4月末まで行います。この間は主に本社地区(東京)に全員宿泊してもらうことになります。研修後は本配属となり、先輩社員からサポートを受けながら業務にとりかかっていただきます。

「OJTとOFF-JTの両面から各種プログラムを用意しています」
業務を通じて能力を伸ばしていくOJTはもちろんのこと、それを補完するOFF-JTでは①階層別研修、②系統別・目的別研修、③共通セミナー・講座、④自己啓発支援など多くのメニューを揃えています。メニューに掲げられていない講座・研修でも、業務とのつながりがあり、且つ上司が認めれば、相当部分の費用を会社が負担します。意欲的に能力・スキルを伸ばそうとする人を当社はしっかり支援していきます。
Q現在一番力を入れている事業は何でしょうか?

Aどの事業も、当社の恒久的な成長にとって必要な役割を担っているため、1番というのは決めることができません。主に4つの事業領域を展開し、より良い世の中への貢献を目指し日々挑戦しています。

【コールケミカル事業】
主力のピッチコークスは、石炭系として世界で初めて開発した人造黒鉛電極用ニードルコークスが、電炉鋼生産を支える重要な基礎素材となっており、その世界シェアは6割強を誇ります。

【化学品事業】
石炭化学と石油化学との有機的な結合から、ベンゼン、トルエン、キシレンなどの芳香族化学品やスチレンモノマーなどを製造しています。今後は、国内市場への安定供給はもとより、中国をはじめとする需要旺盛なアジア市場への輸出販売にも力を入れています。

【機能材料事業】
有機EL材料や回路基板材料・半導体材料などスマートフォンやデジタルカメラ、液晶ディスプレイ等の各種電子機器を支える高機能材料や、排ガス浄化用のメタル担体などを製造しています。世界的なシェアを有する製品も多く、あらゆるところで当社の製品が使用されています。

【複合材料事業】
塗料、電気・電子など多岐にわたる用途に使用され、他素材への代替が難しい優れた特性をもっているエポキシ樹脂や、建築物の補修・補強や新幹線の部材にも使用される炭素繊維複合材などを製造しています。
Qどのような雰囲気の会社ですか?

A「仕事を任せてもらえる会社」
新入社員から「こんなに仕事を任せてもらえるとは思わなかった」との声をよく聞きます。社員数が多くないこともあるでしょうが、若いうちから責任ある仕事をさせてもらえる環境にあります。その期待に応えると、また次の仕事を任せられる。スパイラルアップしていく会社です。

「何でも言い合える雰囲気の会社」
仕事を任されると、自然と自分の考え・思いを発言する機会が増えます。目標を共有し、その目標を達成するためにどうすれば良いかを考えています。上司・部下、先輩・後輩に関係なく何でも言い合える雰囲気があります。

ページトップへのボタン